しゃべらないボカロをしゃべらせるには【VariAudio/Cubase】

ピッチ補正ツールVariAudio(バリオーディオ)

VariAudio(バリオーディオ):

単音オーディオトラックを MIDI のように自在に編集可能、オートハーモナイズ機能搭載 (Steinbergより)

VariAudioはCUBASE Pro(最上位グレード)内蔵のピッチ補正ツールです

中田ヤスタカさんが使用されていることでも有名です。

ここでは、この「VariAudio」と「自分の声」の2つを使って、ボカロを簡単にしゃべらせる手順をご紹介します。

音程を割り当てるだけで、しゃべってくれる

言葉1つずつに音程を割り当てることで、自然なしゃべり方になります。

音程が一定

当然ですが、不自然なしゃべり方です。

音程を割り当て

自然なしゃべり方になりました。

これでも十分だと思いますが、もう少し自然にしたいかたはPitchパラメータを調整してみてください。

pitchを調整

出だしの「」の調声だけでも、だいぶ自然になりました。

ボカロをしゃべらせる手順

音程をうまく割り当てられない場合には、VariAudioを使います。

(そのまま、ボカロにノートを打ち込むのもアリです)

1.声を録音する

2.VariAudioでピッチをMIDI抽出

↑ オーディオファイルのエディット画面を開きます。

↑ ピッチ&ワープで音程を検出した後

↑ MIDIデータを抽出します

↑ 新しくMIDIデータが生成されました。

3.ボーカロイドエディタでMIDIデータを微調整

生成されたMIDIデータをボカロのトラックに移します。

ボカロの声に合うように移調しておきます。

発音する言葉を打ち込んでいきます。

そのままだと不自然な場合は、手動で音の長さや高さを微調整します。

以上で完了です。

ボカロエディタにて、微調整は必要になると思います。

BGMをつけたりすると、雰囲気が出ます。

BGMあり

最後に

結局、VariAudioを使わなくても、しゃべる音程がわかれば、そのまま打ち込むだけで済んでしまいます。

なので、「音程を探すのが面倒だ」という場合に、VariAudioを使ってみてはいかがでしょうか。

ボカロをしゃべらせる方法の1つとして、ご参考になればと思います。

以上、「しゃべらないボカロをしゃべらせるには」でした。