MDR-CD900STとMDR-7506の音の違いを比較する【SONYヘッドホン】

MDR-CD900STとMDR-7506を聴き比べてみたので、感想を簡潔にまとめてみます。

MDR-CD900STとMDR-7506の違い

   

 MDR-CD900ST        MDR-7506

MDR-CD900STは、日本の業界標準と言われるモニターヘッドホン。

MDR-7506は、海外の業界でよく使われているというモニターヘッドホンです。

2つのヘッドホンの一番の違いはというと、「低音域の違い」です。

(低音域の大きさ)MDR-7506  MDR-CD900ST 

100Hzあたり以下の低音がMDR-7506の方がしっかり聴こえます。

それに対して、MDR-CD900STは中音域に音が寄っているという印象です。

高音域の聴こえ方は同じではありませんが、どちらもしっかり聴こえてきます。

どちらが良いのか?

MDR-CD900STMDR-7506どちらを買おうか?」と迷う方は多いかもしれません。

両方買えるなら、迷うもこともないが、何らかの理由で両方買えないから迷っているという話です。

「どちらを買うべきか?」はその人の目的や好みによるので難しいですが、判断基準がなければ、無難な方を選びたいものです。

なので、国内のモニターヘッドホンの業界標準、つまり、「日本で多くの人が使っているから」という意味ではMDR-CD900STが無難になります。

ただ、MDR-CD900STは比較的、低音が弱いので、特にベースやキックの低音が見えにくいという点があります。

その点、MDR-7506は低音域までよく見えます。ここがバランスが良いと言われている所以なのでしょうか。

なので、ヘッドホン用途の「汎用性」という点では、私はMDR-7506に軍配を上げたいです。

MDR-CD900STの中域の強さも、聴いていて気持ちいいですが、やはり低域が弱めということで…。

もちろん、明確な目的をお持ちの方は、それに応じて判断するのが良いと思います。

「低音域がすっきりしたMDR-CD900ST」と「低音域豊かなMDR-7506」というのが特徴です。

その他の違い

それぞれのスペックの違いはサウンドハウスの表が参考になります→ 【リンク】サウンドハウス / MDR-CD900ST

主な違いは、周波数特性、イヤーパッド、ケーブル、プラグなどでしょうか。

特に、イヤーパッドはそれぞれ厚みが違うため、着け心地はもちろん、聴こえ方も変わります。

今回は、どちらもYAXIのイヤーパッドを装着して、聴き比べをしました。

デフォルトのイヤーパッドが劣化したり、着け心地がいまいちだという方へおすすめです。

YAXI以外のイヤーパッドを試したことはありませんが、気に入っています。

まとめ

  1. MDR-CD900STMDR-7506の音の違い」は「低音域の違い」
  2. 「多くの人が持っているから」なら普及率重視でMDR-CD900ST
  3. 「使用用途の汎用性を求める」ならバランス重視でMDR-7506

 

どちらが優れているということでもないので、それぞれの特徴を参考に、目的に合ったものを選んでほしいと思います。

以上、「MDR-CD900STとMDR-7506の音の違いを比較する」でした。