ギターにカポを使う意味は開放弦を使うため

カポとは?

カポタスト」略して「カポ」はギターなどの弦楽器の弦の長さを調整するアイテムです。

カポで弦を抑えておくことで、振動する弦の長さが短くなり、開放弦の音を高くすることができます。

楽曲を移調するときに、よく使われます。

カポを使う意味

カポを使う意味を一言でいいますと、全ては「開放弦を使うため」です。

カポで抑えているフレットの事を「開放弦」と呼べるのかどうかはともかく、カポで抑えたフレットが「0」つまり開放弦と考えることができます

やはり、カポを使うことで、ギターの自由度が格段に上がります。

とは言うものの、ギタリストの中には「カポを使わずに、そこから生まれるフレーズの可能性を活かしたい」という方もおり、カポに対する考え方もさまざまです。

ちなみに私は、カポがないと生きていけません…(大袈裟)

弾き語りなどでの移調

弾き語りなどでよく使う、オープンコードというものがあります。

オープンコードは「開放弦を伴うコード」のことを言います。

代表的なものだと、C、Dm、Em、G、Aなど、他にもたくさんあります。

しかし、「ある曲をオープンコードを使って弾いていたけど、+1移調しよう」ということになると、同じようには弾けません。

そういう時に、1フレットにカポをつけて、開放弦を+1高い音にすることで、元の押さえ方のまま、オープンコードで弾くことができます

このように、移調に対応するカポの使い方が一番多いと思います

 

他にも、カポを使いたい時はあります。

例えば、開放弦を使ったフレーズを弾きたい時です。

開放弦を使ったフレージング

 

ハンマリングやプリングは指が届く範囲の小さい音程差で使うことが多いです。

(例外として、ライトハンド(タッピング)奏法を使えば、音程差の大きいハンマリング・プリングができます)

開放弦を使えば、簡単に、音程差の大きいハンマリングやプリングのニュアンスが出せるのが良いところです

これによって、トリッキーなフレージングが可能となります。

ここで1つ、開放弦を使ったカッコいいフレージングの例を弾いてみます。

開放弦が使えるから、カッコよく、うまく弾ける。そんなフレーズです。

開放弦ありバージョン

本来のフレーズです。(おしゃかしゃま/RADWIMPS)

開放弦なしバージョン

開放弦を使わないとこうなります。

開放弦のギラツキがなくなって、地味な印象です。だいぶ、もたついてしまいました…。

開放弦を使ったアルペジオ

次は、開放弦特有のキラキラしたサウンドを活かして、アルペジオを弾いてみます。

しかし、カポなしでは、開放弦がうまく使えないことがあります。

なので、開放弦が使える時、使えない時を比較してみます。

開放弦ありバージョン

半音のぶつかりが美しい倍音を生み出してくれます。

このように、カポがあれば、どんなキーでも開放弦が使えるように、楽器を移調することができます。

開放弦なしバージョン

開放弦の代わりにプリングで、弾いています。アルペジオで開放弦が使えないと、高音の伸びが出せません。

開放弦フレーズのための積極的なカポの利用

結局、何が言いたいのかといいますと、こういった開放弦フレーズもカポがあれば、どんなキーでも弾くことができるということです。

つまり、楽曲で使う音が開放弦(0フレット)にくるように、カポを積極的に使うこともあるということです。

 

 

 

まとめ

  1. カポを使う意味は「開放弦を使うため」
  2. 楽曲の移調に使える
  3. 開放弦を使ったフレージングに使える

エレキギターもアコギも、その大きな特徴は開放弦やオープンコードにあると感じています。

それを活かすために、カポは欠かせないアイテムなので、ぜひ活かしてほしいと思います。

以上、「ギターにカポを使う意味は開放弦を使うため」でした。

 

お気に入りのカポです。