日常のアイデアから楽曲ができるまで~その3~【作曲】

作曲(歌のメロディをつくる)

日常のアイデアから作曲する試み~その2~【作詞】のつづきです。

前回、歌詞ができたので、次はメロディをつくります。

ある程度はできていましたが、メロディを打ち込みながら、「ここはドよりミの方がいいかなぁ」など細かいところまで決めていきます。

歌モノ楽曲においては、メロディをつくるだけで作曲と呼べますが、伴奏のコードもセットでつくることが多いと思います。

歌詞なしですが、シンセのガイドメロでつくったものがこちらです。

ガイドメロとギター伴奏

前のデモ音源より、テンポを落として、「タッカタッカ」と少しハネるようなリズムにしました。

ゆっくりの方が、ほのぼのとした雰囲気と、どこか懐かしい感じが曲のテーマにも合うのかなと思います。

最初につくったデモ音源は、淡々としたリズムで、少し物足りなく聴こえてしまいます。

ちなみに、最初につくったデモ音源はこちらです。

テンポやリズムで、全然違う曲に聴こえるので要注意ですね。

つづく

次は、他の楽器や音色を組み合わせて、楽曲を賑やかにアレンジできればと思います。

多くの場合、この編曲が一番悩むところだと思います。

私もしばらく悩みます。

次回、 ~その4~【編曲】につづきます。