自己紹介に使えるカジュアルな名刺を自作してみました

もしもの時のために、名刺をつくる

名刺って、どれくらいの割合の人が持っているんでしょうか。

私は今まで、改まって交流するような機会がなかったので、名刺を持っていませんでした。

ただ、もうすぐ、キングコング西野さんの交流会に行く予定です。楽しみです。

西野さん自身に限っては、「”僕は”名刺は要らない」というスタンスなので、名刺は必要なさそうです。

ちなみに、交流会(ただの飲み会)と気楽な感じで告知してくれていますが、他の方から名刺を頂くかもしれません。

そんな場合に、念のためということで、名刺を自作してみました。

カジュアルな自己紹介の名刺

ひとまず、上のような名刺のデザインができました(⇐表と裏⇒) 

小さくカピバラの絵も入れたりして、必死にポップさをよそおっています。

内容は、どんな人間なのかがわかるように心掛けました。

それにしても、自分で自分のことを紹介するのって、なんでこんなに難しいんでしょうか。

できることなら、何も書きたくない…(自意識過剰ですね)

しかしながら、万が一、興味を持って名刺を交換してくれる方がいたら、名刺があるとわかりやすいので、親切な対応と言えるかもしれません。

とは言え、「とりあえず、こういう人間です」というだけのカジュアルな自己紹介の名刺です。

使うことがあるのかわかりませんが、念のため持っておこうと思います。

デザインしたものは今日、大阪駅にある印刷屋さんに入稿してきました。

名刺を持っていない方は、念のためということで、作ってみてはいかがでしょうか。

余談「謎めくTwitter」

先日、知り合いの方とお話し中に、「山田くん、ツイッター謎だよね」と言われました(おっしゃって頂けました)

そんなつもりはなかったのですが、当たり障りのないことばかりつぶやくのが原因でしょう、いや、そもそもあまりつぶやかないからでしょうか。

事実、謎だという意見をありがたく受け入れ、ヘッダーに名刺の自己紹介を入れてみました

コイツ、どんだけ自分アピールするんだよ」というそのお気持ち、お察しします。

でもこれで、謎めきが薄まることを願うばかりです。

プロフィール欄では色々と書き切れないなぁとお悩みの方は、ヘッダー画像を自己紹介にしてみてはいかがでしょうか。

大切な何かと引き換えに、謎めきは薄まるかもしれません。

以上、「自己紹介に使えるカジュアルな名刺を自作してみました」でした。