ギタリストのための「ルーパー」3つの使いみち

 

ギタリストのためのルーパー活用方法を3つご紹介します。

①どんなコード進行にするか考える【作曲・アレンジ】

 

好きなフレーズやメロディをループさせておいて、色んなコード進行を試してみるという使い方です。

動画を作りましたのでご参考にどうぞ。

作曲やアレンジに使えると思います。

良い感じのメロディを思いついた時などに、伴奏をつけてみたくなったりするかもしれません。

フレーズをルーパーエフェクターに録音して、ルーパーが繰り返し歌ってくれている間に、自分で色んな伴奏を弾いて試してみることができます。

歌メロであれば、自ら口ずさみながら弾き語り形式でいいかもしれませんが、ギターリフなどであれば、一人では手に負えません

音楽編集ソフトなどをいちいち起ち上げるまでもなく、ルーパーで手軽に作曲していくことができます。

 

②メロディ(フレーズ)づくり【作曲・アレンジ】

 

①とは反対に、コード(伴奏)を鳴らしておいて、それに合う歌メロやフレーズを試してみるという使い方です。

例えば、

「Aメロの伴奏は決まったので、そこに乗るメロディを考える」

みたいな時に使えます。

以下の動画にありますが、ルーパーで一定のコード進行を繰り返しながら、自分はメロディを弾くということになります。

 

③アドリブもどき【遊び】

 

ルーパーエフェクターが欲しくなる発端はこの「ルーパーで遊びたい」という人が多いと想像します。

音をこれでもかと重ねていって、重厚なサウンドや幻想的なハーモニーを作るのが楽しいのです。

伴奏を弾いてくれる仲間がいなくても、ルーパー君は自分の分身となって、文句も言わずに弾き続けてくれます。

 

伴奏をループさせた場合の動画を作りましたので、ご参考にどうぞ。

動画を見て「おー、なんか楽しそうやん!」と思ったあなたは、ルーパーの素質アリです。

 

ルーパーエフェクター

今回使用したルーパーエフェクターはDitto Looper(ディトー・ルーパー)です。

 

似たようなシンプルなルーパーとしては、BOSSのRC-1あたりと迷う所でしょうか。

 

もう少し上位の機種となるとRC-3というものもあります。

 

もちろん、BOSSエフェクターも使用していますが、EP Boosterのようなコンパクトなビジュアルが好きなのかもしれません。
※これはブースターです

 

他にも色々ありますが、「最低限のループ機能で良い」という方は、先ほどのDitto LooperRC-1がおすすめです。

その他のルーパーエフェクター【サウンドハウス】

 

以上、「ギタリストのための「ルーパー」3つの使いみち」でした。