音を外さないギタリストが見えている指板上の景色とは

まえがき

 

ギターを始めてしばらくすると、『スケール(音階)』というのがあることを知ります。

有名なドレミファソラシという並びは数あるスケールの1つに過ぎないということに気づかされます。

 

この音程の並びをメジャースケールと呼びます。全全半全全全半という音の距離です。

楽曲のほとんどはこの7音で構成されています。

これに対するマイナースケールメジャースケールの6音目からスタートする音階のナチュラルマイナースケール(以下、マイナースケールと表記します)というものです。

よくメジャースケールとマイナースケールが表裏の関係と言われるのはこのためです。

あるキー(調性)におけるメジャースケールで使われている7音というのは、かならず、その裏側のナチュラルマイナースケールの7音と一致します。

なので、メジャースケールを覚えることは、その裏側の6音から始まるナチュラルマイナースケールを覚えたことに近いといえるでしょう。

逆の視点、マイナースケール目線で言えば、マイナースケールの3音目からスタートした音の並びがメジャースケールだということです。

例えば、CメジャースケールとAマイナースケールは順番が違うだけで同じ音を使っています。

Cメジャースケールの並びはドレミファソラシであり、これを6音目(ラ)から並べたものがラシドレミファソがAマイナースケールということになります。

この辺の話はわかっているよという方が多いと思いますので、詳しくは音楽理論サイトか以前の記事でご紹介したギターで覚える音楽理論などを活用するのが良いと思います。

今回は『音を外さないギタリストが見えている指板上の景色とは』というタイトルで、長年ギターをされている方からすれば『当たり前だよ』と言われそうなことを気にせずにご紹介したいと思います。

 

ギターで音を外さないためには

音を外す』とはどういう意味でしょうか。

演奏を聴けば、『あっ、今の音はずれてる!』という感じで感覚的にわかると思います。

文章で説明するとなると少しわかりにくいかもしれませんが、『音を外す』とは『キー(調性)に合っていない音を弾く』ということです

キーがCメジャーの曲ならその曲はドレミファソラシの7音で構成されています。(※基本的に)

ので、ここではとりあえずドレミファソラシの7音を弾いていれば『音を外さない』ということです。(長調や短調におけるほとんどの場合)

ということは、ギターを弾くにあたって、最低限、音を外さないためにはドレミファソラシの場所を知っている必要があるということがわかると思います。

そこで『スケールを覚える』ということにたどり着きます。メジャースケールのことです

ただ、7つの音にはそれぞれ性格があります。

指板上でそれら7つを少なくとも自分の意識の中で区別していないと自分の思い通りに、たとえば、鼻歌を歌うようには弾けません。

指板上に黒丸●を付けただけのスケールの形を覚えてもある程度は音を外さずに弾けると思います。

ただ、ここからは思い通りの音程を弾けるよう7つの音を区別して覚えることを推奨していきたいと思います。

 

スケールは数字(度数)で覚える

これは人それぞれなのかもしれませんが、数字で覚えている方が多いのかと思います。

その方が音の順番がわかりやすいからです。つまり、数字で覚えるとは、度数で覚えることです。

度数は音の距離を示します。ドを1度としたときの各音までの距離です。

別にドレミファソラシで覚えている人もいるでしょうし、色で覚えている人もいるでしょう。

『色で覚える』というのはドレミファソラシの音階に色のイメージが見えるということです。

ファ

という感じでの7色展開のイメージを持っているということです。(色は勝手に当てはめました。)

『数字で覚える』という場合はドレミファソラシをそのまま1 2 3 4 5 6 7に置き換えるだけです。

最も大事なのは色であれ、数字であれ、ドレミであれ、この7つの違いが指板上に見えているかということです。

これが『音を外さないギタリストが見えている指板上の景色』だといえます。

 

指板上に浮かび上がるスケールの景色を見るために

オープンコードの5分割

どうすれば指板上にメジャースケールという景色が見えるようになるのでしょうか。

方法はいくつかあると思いますが、もっとも合理的な覚え方はオープンコードの5分割で覚えるというものです。

オープンコードというのはアコギの弾き語りなどでよく使われる低フレット側の開放弦を使用したコードです。

開放弦を活用することで少ない押弦でも多くの弦を響かせることができ、開放弦ならではの豊かな響きが得られます。

また開放弦付近でのコードチェンジのみであるため、フレットの横移動がほとんどなく手元を見ずにコードチェンジをしやすいため弾き語りには欠かせないコード達です。

そのオープンコード中からメジャースケールを覚えるために使えるのがA、G、E、D、Cの5つのメジャーコードです。

これら5つの形は多くの人が覚えていると思います。

そしてこの5つのコードを組み合わせると指板上にメジャースケールの景色が浮かびあってくるというものです。

AとG、GとE、EとD、DとC、CとA・・・・と順番に繋がっていきます。

この指板上を5分割のオープンコードで覚える具体的な内容はこちらの本が役に立つと思います。

2010年9月20日初版発行ということで、結構前のの教本ではあります。

一生使えるというタイトルだけに、超シンプルで汎用的なので、内容が古いというわけではないです。

コードトーンに関しても解説されています。

音楽理論本というよりは、スケールを覚えて、ギターで歌えるようになるための本です。

 

その他のメジャースケールの覚え方は、『弾きながら位置関係を覚えていく』方法でしょうか。

たとえば、『3弦のド(1度)のすぐ下の2弦にミ(長3度)があるのか』など、先ほどの方法にも言えることですが7つの音の位置関係を弾きながら覚えていくことになると思います。

 

ギターなしで覚える方法もあります。

①紙とペンを準備します。
②指板をイメージしてメジャースケールを書きます。

 

Cメジャースケール想定ではこんな感じになりました。

全全半全全全半と1~6弦の開放弦の音がわかっていれば、時間を掛ければ位置関係を探りながら描けると思います。

1  全音  2  全音  3  半音 4  全音  5  全音  6  全音  7  半音  1   という音程の距離から導き出せます。

そうして書いていく中で覚えていくのでは?という提案です。

暇なときにらくがきする感じでしょうか。

いずれにしても形と度数を覚えることが重要だと感じています。

 

お借りした写真「panorama worldendlesscatさんより

 

まとめ

 指板上にメジャースケールという景色が見えるようになるには?

①メジャースケールを覚えていること。

②7つの音をそれぞれ区別できていること。

この2つが必要になりますが、後は主音になる数字で言えば1の音が楽曲のキーになるように指板上を平行移動させることが必要になります。

よく移動ドと呼ばれるものです。

例えば、キーがDメジャーの楽曲であれば、5弦の5フレットD音のところに主音(1度)が来るようにスケールをイメージするということです。

D音というのは『レ』の音だけど、1音目なのでそれを『ド』として考えるというものです。

ギターの場合はキーに合わせてスケールを平行移動してもその形と並びは変わらないので、1つのメジャースケールを覚えておけば、さまざまなキーの楽曲においても対応できるので便利です。

今回は、音を外さないためには、最低限、指板上に何が見えている必要があるのかということが伝われば幸いです。

以上、『音を外さないギタリストが見えている指板上の景色とは』でした。