アニメ化して欲しいインパルス板倉俊之原作の漫画『トリガー』

『トリガー』ってどんな漫画?

『日本を犯罪ゼロの国にするため、法では裁かれないような悪を撃ち殺していく漫画』です。

悪の射殺を許可された者のことを『トリガー』と呼び、各都道府県に1名ずつ配置されています。

都道府県ごとに各トリガーのストーリーがあって、メインキャラクター(トリガー)が次々に入れ替わっていくような構成になっています。

トリガーによって職業も違えば、何を善として、何を悪とするか変わるのがおもしろいです。

【2016年10月現在】マンガボックスにて1話と最新話が見れるようです。

この漫画はインパルスの板倉俊之氏の小説「トリガー」が原作です。

一見すると、自由に人を撃ち殺す暴力的な漫画のように見えます。

しかし中身は、「非のない人間が泣きを見る理不尽な社会の『ズレ』を無くしたい」という思いから生まれる、平和的な漫画です。

板倉さんの優しさがにじみ出た作品になっています。

どんな人におすすめ?

「そんな結末になる!?」と、どんでん返しを何発もお見舞いされたい人におすすめです。

ありきたりな結末に嫌気が差したら読む本です。

また、主人公は次々と変わるものの最後までストーリーは繋がっています。

1巻~5巻で完結しているので「短い時間で読み切りたい」という人にもおすすめです。

「トリガー」をもとに楽曲を制作

「トリガー」がアニメ化してくれたらうれしい。という話です。

しかし、現在(2016年10月)アニメ化などの話は耳にしません。

ぜひ見てみたいですが、今は叶わないので、トリガーの楽曲と動画をつくってみました。

せめてもの、自己満足です。

※【動画】ネタバレありなので、ご注意ください

 

「トリガー」が気に入ったら「蟻地獄」

板倉さんの作品は「トリガー」の他に「蟻地獄」という小説があります。

この「蟻地獄」も板倉氏・武村氏タッグで漫画化しています。

漫画は全4巻完結です。

一部、マンガZEROにて読めるようです。