ギターコードを覚えることに意味がない理由

「コードを覚える」の3つの意味

コードを覚える」というフレーズは良く耳にしますが、その時と場合によっては意味が変わってしまいます。

「コードを覚える」には3つの意味が考えられるので、誤解のないように確認したいと思います。

1. コードの型を覚える

ギターであれば弦を、ピアノであれば鍵盤を押さえる位置を覚えるということです。

「Cコードなら、ココとココとココを押さえる」という風に、「コード名」と「押さえる位置」を覚えるという意味です。

アコギ弾き語りなどを始める方は、弾きたい曲に必要なコードを覚えるところから始まると思います。

もっと言えば、コードを覚えるよりは「曲を弾くこと」を練習していたら、その結果、コードを習得したという感覚が近いと思います。

 

2. コード進行を覚える

コード進行を覚える」を略して「コードを覚える」と言う事もあります。

「今度、スピッツの『空も飛べるはず』をバンドでやることになったから、コード覚えないとなあ」みたいな場合はコード進行の事を言っているのだな、とわかります。

あくまで、弾きたい曲があって、そのためのコードを練習するというのが自然な流れです。

弾きたい曲がある⇒必要なコード」という順序が自然で、「弾きたいコード⇒それを必要とする曲を探す」はあまりないと思います。

例外として、「このコードの響きが好きだ」という場合は、曲ではなく、そのコード自体を弾けるようになるのが目的となりますが…。

 

3. コードの構成音を覚える

それぞれのコードには構成音があります。Cコードならドミソ、Amコードならラドミ、などです。

ただ、これでは丸暗記になってしまい、具体的な音名を覚えているだけで、意味を理解していない状態になってしまいます

 

ドレミファソラシというのは絶対的な位置の表記です。

しかしこのままでは、Amコード(ラドミ) はラをルート音にしていますので、「2番目のド」がラからどれくらい離れているのかわかりません。

そこでコードを度数で考えるのです。

最も低い音であるルート音を1度と考えます。そうすると「2番目のド」は短3度、「3番目のミ」は5度という関係性がわかります。

つまり、一般化すると、3和音のマイナーコードは1度、短3度、5度の3つが構成音だということです。

 

メジャーコード = 1度 + 3度 + 5度

マイナーコード = 1度 +  短3度 +5度

 

このように相対的な関係で覚えておけば、1つ1つのコードを「ドレミファソラシ」で覚える必要性はなくなります。

弾きたいコードのルート音を基準にして、そこから、3度、5度を加えたりして、コードを自分でつくることができるからです。

これがよく言われている(かはわかりませんが)、「コードを覚える意味はない」の理由だと考えられます。

自分でつくれるなら、覚える必要はなくなるということです。

コードを覚える意味はあるけど、その次に知っておきたい「構成音」

「コードを覚えることに意味はあるか」と言われれば、「ないことはない」です。

というのも、楽曲を演奏するとなれば、間違いなく、必要なコードを知っていなければなりません。

演奏することが目的であれば、「1.コードの型を覚える」だけで十分だと思います。

問題は、目的は何なのかということです。

もしそれが、作曲なのであれば、「コードの型に縛られない方が有利」だと思います。

作曲でなくても、ある曲を演奏するときに、「Fというコードが出てきたけど、高い音が欲しいから1オクターブ上で弾いてみよう」ということができます。

これは、コードの型を知っているだけではできませんが、コードの構成音(度数)を知っていれば、「ルートはベースが弾くし、ここのギターでは省略しとこう」みたいな応用が効きます。

単に「1.コードの型を覚える」だけでなく、「3.コードの構成音を覚える」のが大事だということです。

 

まとめ

コードを覚えるの3つの意味

1.コードの型を覚える

2.コード進行を覚える

3.コードの構成音を覚える

コードの構成音(度数)を覚えれば、色んなコードを覚えなくても作れる

今回の内容は、「それくらい知ってるよ」という内容かもしれませんが、「ギターを始めたころの自分が知っていたら良かったな」ということなので、ご参考になればと思います。

以上、「ギターコードを覚えることに意味がない理由」でした。