1. HOME
  2. ブログ
  3. 活動日記
  4. noteを始める。文字数・上限【ブログ・ツイッターとの違い】

noteを始める。文字数・上限【ブログ・ツイッターとの違い】

noteとは


先月、noteをはじめました。

noteとは「個人クリエイターが自分のメディアとしてコンテンツを発表するプラットフォーム」とのこと。
発信する人が集まっている場所に自分も参加する、という感覚でしょうか。

その発信方法は「テキスト」「画像」「つぶやき」「音声」「動画」です。
日記を書く人もいれば、文章などのコンテンツを販売する人もいます。
本当に、「自由だな」という印象です。
他にも、僕の気になったことを以下に書いておきます。

 

ブログ・Twitterとの違い【無料有料・検索流入・文字数制限】


①noteは有料記事が販売できる(無料も可)
②ブログは検索流入がほどんど。
③Twitterは文字数に制限がある。

①noteは有料記事が販売できる。
テキストで有料記事を販売できる手軽さがあります。
無料公開で読めるものもあり、そこはブログと同じ。

②ブログは検索流入がほどんど。
この個人サイトのアクセスは89%が検索から来られております。
(今、Google Analyticsで確認しました)
一方、noteはSNSやnote上から直接のアクセスが多いのが大きな違いです。

③Twitterは文字数に制限がある。
noteは長い文章も書くことが出来ます。
文字数の上限は分かりませんでしたが、54万字は保存できました。

記事公開までは試していませんが、文字数制限はないと考えてもいいかと思います。
(100万文字が上限なのかも)

 

記事を読んでもらうためのハッシュタグ


noteはブログのように検索流入を気にすることなく、書けるのがいいところ。

なので、noteで見てもらうにはハッシュタグをつけることをおすすめします
#日記 #エッセイ #写真 #漫画など、無難な人気のタグで問題ないかと。
フォロワーがいない状態では、誰も記事にたどり着けないと思うので……。

とはいえ、多くの人に届かないでほしいという人もいると思うので、そこも自由です。
「書きたいんだけど、あまり読まれたくない」という矛盾した気持ちも、分かる気がします。

 

参考文献



noteの本が一部無料公開されていました。
noteをもっと知りたい方は、読んでみてはいかがでしょうか。


はじめたnoteのマイページ
https://note.com/yamada_nao

 

関連記事